FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


男と女どっちが幸せなのか、次生まれ変わるとしたら男と女どっちがいいか。誰もが一度は考えることだと思います。まず男性の人生の最大の長所は人生において自由度が非常に高いことだと思います。その気になり才能さえあれば又は努力をすればありとあらゆる職業に付けます。特にプロスポーツ選手などの自分がしたいことを仕事にできてしかも普通じゃありえないほどの高額な給料をもらえるなんて最高ですね。たとえ叶わなかったとしても男性は大きな夢を持つことができ易いです。あと男性用の娯楽も多く、金さえ出せばいくつになっても若い女性とHなことができる施設を始め、ギャンブル場、ゲーム、漫画、もちろん女性も利用できますが大抵のものは男性用として作られています。しかし逆に短所は20歳あたりから65歳までという平均寿命が75歳なのにまさに死ぬ直前までの40数年間働きつづけないといけないということだと思います。特に妻子ができるともはや自分のためだけではありません。日本で一番自殺率が高いのはこの妻子ある中高年世代だそうです。年を取り自分の健康にいろんな問題が出てきて自分で使える金も制限され子供も自立し始め目標もなくなり後は死ぬまで働くだけと絶望するんでしょうね・・・・自分の好きな仕事ならいいんですが大抵の人はそんな仕事には就けません。基本的に男は男を助けないので弱音を吐いたり助けを求めても「男のくせにだらしない」でかたづけられ過労死してやっと同情してもらえます。まさに死ぬほどキツイ仕事もたくさんあります。男性の人生において仕事が占める割合が高すぎで、選択肢は多いんですがその選択を間違えるとえらいことになります。妻子があったり高齢になれば辞めることもできません。これが男性側の自殺率の高さの大きな要因になっていると思います。
で、女性の方の人生の最大の長所はあくまでも男の私が考える意見ですがとにかくなにかと楽しそうというところです。「おいしいものを食べた」「温泉に行った」「綺麗な洋服が買えた」男からしてみればたわいのないことでも女性はものすごく嬉しそうにしますよね。男の欲望はほとんど金か女に集約されますが、女性はありとあらゆることに幸せを見つけることができているように思います。例えばディズニーランドみたいなところに行ってネズミっぽい人形のオーバーアクションの踊りを見ても大抵の男性は「どうせ中に・・・・」と冷めた目で見ますが女性はものすごく良いリアクションをしますよね。まるであのネズミ人形が生きているかのように。人生において笑う回数は女性の方が圧倒的に多いはずです。この小さな幸せ発見能力、感受性豊かな生き方は素晴らしいと思います。うらやましい限りです。ただ確かにキモイですが虫やカエル程度でものすごい悲鳴をあげたり大騒ぎするのはあれですね(ヘビやゴキブリは判りますが)この能力は私はいりません。そして短所は男性とは逆に職業の選択、生き方の選択に選択肢が少ないということだと思います。いくら金持ちの家に生まれても事業はまず長男が継ぎますしある程度年齢を重ねると周りの結婚しろオーラは男性の比じゃありません。時々突き破る人もいますが女性の人生はいろんな壁に囲まれているように思います。特にイスラム教圏内で生まれた女性には選択肢すら無いものすごい高さの壁がそそり立っています。しかも宗教による決定なので今後の改革の可能性すらありません。で、結論なんて出るはずもありませんがどっちが幸せなんでしょうね。昔は時代がら生まれ変わったら男になりたいという意見が圧倒的に多かったそうですが最近はほとんど五分五分になってたはずです。私は男ですが次も男に生まれたら今度は子供の頃からなにかのスポーツをずっと続けてプロスポーツ選手になって億を超える給料をもらいたいです。それかオリンピックで金メダルを取ってチヤホヤされたいです。もし次が女性だったらあの何時間やっても、別に欲しいものが無くても楽しいらしい「ウィンドーショッピング」というものを延々とやってみたいです。そして金持ちの男を掴まえて財産を搾り取り、死ぬまでオシャレをしたいです。ただ女性に生まれ変わるにあたっては大きな懸念が一つあります。あの毎月1回秘部から大量の出血をするということです。あれなんなんでしょね。もちろん出血する理由は知っていますが。しかも出血するだけでもめんどくさいのに痛くなったり気分が悪くなるなんて。その日は活動に制限がされてしまうなんて。最後まで動物に例えますが他の生物のメスにはこんなこと無いのに。もちろん男にもありません。この地球上で人間だけにそして女性だけに与えられた苦行です。これはどう考えても不公平です。しかも毎月1回なんて決して少ない頻度ではありません。この面においては男に生まれてラッキーだったと思わざるをえません。これまでの人生でこの議題は何度も考えましたが結局私は次生まれ変わるとしたら男がいいか女がいいか死ぬ直前まで答えは出せないと思います。女性の方が楽しそうではありますがスポーツ面で圧倒的に有利というのも捨てがたいです。結局どっちになったって辛いことも楽しいこともあるんですよね。でも少なくとも男女共にいろんな娯楽がいろんな施設がそして比較的安全も自由も用意されている日本に生まれた時点でラッキーですよね。

※これはもちろん推測です

あるコメントをきっかけにここまで広がりましたがこれで男女の違いシリーズは終了します。いろいろ考えながら書くことができて自分が少し賢くなった気もしますしなかなか楽しかったです。でもやっぱりおっぱいやオマンコのことを考えてる時のほうが楽しいですね。あとお気づきかと思いますが私は動物番組が好きです。日曜日の午後7時半に家にいたらまず間違いなくNHKを観ます。あれはお勧めです。ケーブルテレビのアニマルプラネット(24時間ずっと動物情報)もいいですね。特に好きな生物は魚類です。サメや熱帯の海特集があったりしたらかぶりつきます。

男女のオシャレの違い
男女の性格の違い
男女の能力の違い





スポンサーサイト
[PR]

身体能力の差、これが男女を語る上で最も大きな違いだと思います。そしてこれが男女平等を難しいものにしている最大の要因ですね。判り易い比較だと陸上の記録で女子の世界記録は男子だと日本の高校生記録レベルです。スピード、パワー、スタミナ、反射神経、体格、どれを取っても圧倒的な差があります。そして原始時代から最近までずっと力こそが正義だったので男性がこの世界を牛耳るハメになってしまいました。なにしろ男女がまともに戦ったらまず間違いなく男が勝ってしまいます。しかもタチが悪いことに技術力まで男が牛耳っています。仕事面でもそうで女性ができることはたいてい男性もできますが、男性にしかできないことはたくさんあります。建設現場などがその代表的な例で、他にも体力が重要な職場はほぼ男の独壇場です。しかしなんでここまで身体能力の差を付けたんでしょうね。他の生物もたいていオスの方が大きく強いんですがその目的はしっかりしています。でも人間はズル賢いのでこの身体能力の差がいろんな犯罪に結びついてしまいました。やつらは電気に弱いので国が全ての女性にスタンガンを支給すべきですね。ああでもそのスタンガンを奪われたりしたら火に油・・・・。レイプ、ストーカーの逆恨み、男が相手だと返り討ちに合うかもしれないからと女性を狙った強盗やひったくり。最低最悪の犯罪が今も行われてしまっています。動物に例えようシリーズですがライオンのオスは普段は働かずメスが仕留めた獲物を横取りしたり寝るか交尾してるかのどっちかで一見最低の旦那ですが決してメスを傷つけたりしません。そしてメスがハイエナの群れに襲われたりメスだけじゃ倒せないキリンを襲う時、ナワバリを荒らされた時にオスは活躍します。特にハイエナの群れに取り囲まれて困ってるメスを助けようとするオスは感動ものです。人間の身体能力の差もこう使いたいものですね。でも極限状態になったら脂肪をたっぷり備えてる女性の方が生き残りますし寿命そのものも女性の方がかなり長いです。進化の過程で身体能力をやる代わりになるべく早く死ねと言われてるのかもしれませんね。女性も犯罪を犯しますが男はその100倍犯罪を犯します。テレビからニュースで流れてくるのは男の悪行ばかり。しかも体力関係ない振り込め詐欺でも犯人はほぼ100%男です。こういうのは同じ男として悲しい話ですね。私はハッキリ言って男女平等はかなり難しいと思っています。なにしろ生まれた時点で男女は特に身体能力面で平等では無いからです。しかしそう生まれたというだけなので男の方が偉いということでは全くありません。今では当たり前のように思えますが、一昔前までは違ったんですからね。でも昔の人の方が悪かったとも思えません。現代の人が昔に生まれてそう教育を受けたらやはり昔の人と同じ考えになったはずだからです。その逆もまた然りでつくづく教育って大事ですね。そして強者側には強者側の責任があるはずです。同じものを争った時は譲る、自立しようとしている女性の邪魔を決してしない。そうしてやっと男女平等という理想に一歩近づけると思います。最近では女性専用など女性の特権も増えてきてでも今度はそれに対して男性側が不満を持ち始め・・・まあいろいろありますが日本は元々思いやりを大事にしようとする人種ですしきっと上手くやれると思います。幸い日本には宗教の縛りも無いですしね。
結論:男の優れた身体能力は仕事かスポーツかなにかを救助する時以外に使っちゃダメ
その代わり女性側も男の方が肉体的に強いということを十分認識しておいてください。特に夜道を無防備に一人で歩いてはいけません。もちろん襲う方が100%悪いんですが、大学教授になるような賢い人で妻子もある立派な身分の人でも性欲が絡むと手鏡でスカートの中を覗こうとして人生を台無しにするなどありえないほど愚かなことをしてしまうのが男です。そのきっかけを与えないことも大事です。あと自尊心も強いのでむやみに痛烈な言葉責めもしてはいけません怒ったらなにをするか判りません。でも理性さえまともなら自分以外の誰かのために死ぬことができたり同じ目的の前にありえないほどの団結力を見せたり死ぬ直前になるとまず第一に母親のことを考えたりとカワイイ一面もある悪くない生物です。

NGワード「AVマニアの人に言われても説得力が無い」

※これはもちろん推測です

この男女の違いシリーズ、次が最後の「男女の人生の違い」です。最後まで長文になってしまいましたがまあまあ連休中ですし暇つぶしに全部読んでください。





私もこの人生の中でいろんな人間を見てきましたが男女には明らかに大きく二つの性格の違いがあることに気付きました。まず一つは「男性は競争を好み女性は調和を好む」ことそしてもう一つが「男性は過去を重視し女性は未来を重視する」ことです。男性の競争好きは精子の動きから見ても一目瞭然ですね。「戦って勝ち残れ」というのが遺伝子レベルで組み込まれています。なので「最強」や「世界征服」という言葉にものすごく憧れます(だんだん大人になるにつれて諦めますが)ギャンブル好きや格闘技好きが圧倒的に男性が多いのがその証明となっていると思います。素手で戦う格闘技を見てももしかしたら女性の方はそんなに体鍛えたってナイフや銃持った方が強いじゃんと思われる方がいるかもしれませんが「強い」というのは男性の永遠の憧れです。こういうのがあの馬鹿っぽい言葉「男のロマン」というものなのかもしれませんね。あの血みどろの日本の戦国時代や中国の三国志に興味を持つのもほとんど男性ですし。なので野蛮と思われてもしかたのない生物です。そして女性の場合は競争するのをあまり好みませんね。その一番顕著な例がグループ化を好むことで女性の場合は何歳になっても例え職場でも似たような意見の持ち主同士でグループを作ろうとします。周りのみんなと同じようなオシャレをしたがるという理由にも繋がります。男性の場合も学生の頃まではグループ化が好きですが社会人になるとたまに友達と遊ぶぐらいで個人行動を取るようになります。それもそのはず人間の祖先の猿の行動を見るとメスは一生を生まれた群れの中で仲良く暮らしますがオスの場合はある程度成長するとその群れを抜けて他の群れのオスと戦わなければいけません。当然人間にもそれが受け継がれてるんでしょうね。この違いは少年漫画と少女漫画を見てもよく判りますね。少年漫画は常に敵が出てきて主人公が戦って勝ち残り主人公が少しづつ強くなる話がほとんどで少女漫画は平和な世界でずっと男女がイチャイチャする話がほとんどです。しかし競争は進化の源なので男性のこの性格が無かったら人類の文明はここまで進化しなかったはずです。実際この世のほとんどの便利なものの発明や発見は男性によるものです。でも男は欲望に際限が無いのでとうとう人類を滅ぼす核兵器まで作ってしまいました。ただ野蛮は野蛮ですがほとんどのまともな男性は「女子供は攻撃してはいけない」という本能的なストッパーも持っています(例えそれが男女平等じゃないと捉えられようとも)でも時々まともじゃない男もいるので十分ご注意ください。
そしてもう一つ男性は過去を重視すること女性は未来を重視することで、男女でデータを取ったら男性は別れた女性のメールアドレスをなかなか消さず女性は別れたらすぐその男性のメールアドレスを消すんだそうです。なるほど確かに!女性はオシャレに関しても常に新しいものを求めてるような気がします。それに歴史好きは男性の方が圧倒的に多いですし私も過去の話をするのは好きです。でも悪く言えば男性は過去を引きずるので私も思い当たるフシがいくつもあります。多くの男性は合法ならハーレムを作りたがるくせに一人の女性と別れたらイジイジするなんてなんかワガママですね。でも気持ちは判ります。そして女性のこのいつも前を向いている性格は見習うべき点が多いと思います。実際男尊女卑の影響をモロに受けていた今のおばあちゃん世代は全くと言っていいほど世間を恨んだり男を恨んだりしてません。なにかされたらそのことをなかなか忘れずまず第一に報復を考える男とはえらい違いです。そんな男たちがあらゆる国の実権を握ってるんですから世界中で争いが無くならないのも当然ですね。調和を好む性格、未来志向の性格、ということは
結論:世界平和を目指すなら世界中の国の指導者を若い女性にすれば万事解決
(注:ぶっちゃけた話若い又は美人でないとたいていの男は従いません。やっぱり男ってつくづく・・・・)

とは言っても人間の性格を2種類に分けるなんてどだい無理な話で格闘技好きな女性も平和主義な男性もたくさんいるわけですが。

※これはもちろん推測です。

というか読み返したら長っ!(ちなみに1時間掛かりました)





これから何度か私が思う男女の違いを書きたいと思います。まず最初はオシャレについてです。男性のオシャレと言えばまず間違い無く女性の気を惹くためですね。これは他の生物を見れば一目瞭然です。人間以外のほとんどの生物はオスの方が派手な格好をしています。クジャクしかりライオンしかりカブトムシしかり、その理由が自分は強い生物だというアピールをするためで派手な体色は健康の証となりそんなに派手で敵に見つかり易いのにそれでも生き残ってるということは強さの証になり、それで少しでもメスの気を惹き自分を選んでもらおうとしているんだそうです。自然ってつくづく不思議ですね。ここから考えても人間のオスのオシャレは他のオスよりも少しでも目立つということが重視されています。特に日本代表のサッカー選手が顕著です。あまり周りに合わせるということはしませんね。かといってあまりにも目立ちすぎて標的にされるようなこともしません。なので特定の嫁が見つかるとほとんどの人は派手なオシャレを止めます。私が男ということもありますが男性のオシャレは単純で判り易いです。ここで不思議なのが女性のオシャレです。まず他の生物で考えると派手なメスというのはいません。それはわざわざ敵に見つかり易くなる上に選ぶ立場であるからです。目立つ理由がありません。でも人間だけは明らかにメスの方がオシャレです。ここで女性のオシャレの謎が生まれます。女性はなんのためにオシャレをしているのか。もちろん男性の気を惹くためというタイプのオシャレもありますが、明らかに男性を無視しているオシャレもあります。代表的なのがガングロブームですね。あれで喜ぶ男なんてまずいませんでした。でもあれはかなりのブームになりました。そしてすごい派手な付け爪。男は顔やおっぱいや太ももばかり見ているので爪なんてあまり見てません。あとは体中に付けたりするピアス、そしてそれらのオシャレと必ずといっていいほどセットになっている茶髪。全ての男性にアンケートを取ったら間違いなくこれらのオシャレに男性は反対する意見の方が多いはずです。これで女性は男性のためにオシャレをしているわけでは無いというのが判ります。では何のためにオシャレをしているんでしょう。やはりまず人間には天敵がいないというのが大きいんでしょうね。なので人間はメスでも自由に派手な格好をすることができます。人間の余裕から生まれた人間だけの特権です。あともう一つこれらのオシャレに共通している点は世間で流行っているということです。女性は周りに合わせないとという意識、自分も主流でいたいという意識が男性よりもかなり強いのでは無いでしょうか。実際20年前のアイドルの映像見たらみんな黒髪で聖子ちゃんカットですし、バブル時代はみんな濃い眉毛でボディコンですし。オシャレだけじゃなく女性はみんな痩せようとしますが実際は男はポッチャリ系好きも多かったり、みんなおっぱいを大きくしようとしますが実はそんなに巨乳にこだわる男はいなかったり。
結論:男性のオシャレは女性の気を惹くため、女性のオシャレは男性の意見はあまり気にしていない。重視しているのは今それが世間で流行ってるのかどうか。それを身近な人たちもやってるかどうか。
男性の人たちは自分の好みのブームが来るのを静かに待ちましょう。私は黒髪白肌ブームが来て欲しいです。

※これはもちろん推測です





 | BLOG TOP | 


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」