FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


3ddt248pl.jpg
晶エリー つぼみ

晶エリーが攻め側、つぼみがやられ側になって拘束椅子を使ったりしながらハードにレズプレイするという作品。やられ側にカワイイつぼみを起用しているのがとても高ポイント。攻め側の晶エリーもなかなかカワイイので高ポイント。そういえば晶エリーという名前はご自分で命名したそうです。これではマネージャーや関係者をシバくこともできません。やっぱりこの名前に違和感を覚える最大の理由は「晶」という通常名前に使われる語呂を名字に使ってるところだと思います。とは言えおっさんではなく美女が命名したのならこれはもうしょうがありませんね。そういう面では「つぼみ」と命名した人には大拍手を送りたいと思います。ものすごくピッタリです。というわけでプレイが始まるわけですが前回の拘束椅子シリーズで意外と攻めるのが上手だということが判明した大沢佑・・・晶エリー、今回もやっぱり上手でした。ちょっと怖そうな小澤マリアをあれだけ攻めれたんですから優しそうなつぼみにならもっと無茶できるのも必然ですね。とにかく大沢・・・晶エリーは攻めてる途中にもとても良く喋ります。ボキャブラリーも豊富なのでいろんなことを言います。というか美女同士がおっぱいとオマンコを出し合って攻めたり攻められたりする、他になにか必要なものがあるのでしょうか。ただ、このシリーズなので覚悟はしていましたが道具が出てくるのが早かったり唾液まみれになったりもします。攻め側の方がパイパンというのも意外性があっていいですね。つぼみのオマンコの状態を揶揄しながらの指マンもたっぷりあります。最後には双頭バイブをいろんな使い方をして入れあいます。次のプレイがこのシリーズにもなっている拘束椅子プレイ、細かい部分ですが2人とも髪型を変えてるのがいいですね。面倒でもやっぱり美女はいろんな髪型を見たいものです。ここでもやっぱり晶エリーはノリノリです。三上翔子のあといろんな人がこのシリーズに挑戦しましたがその中では晶エリーが一番上手なのではないのでしょうか。会話が多いのはもちろんしきりにオマンコの状態を揶揄するのがいいですね。正直言ってやられ側のつぼみは喘いでるだけなのでギャラは7:3ぐらいに振り分けた方がいいと思います。これは絶対攻め側の方が大変だと思います。最後はお待ちかねの上下関係無しのラブラブプレイ。ルックスはもちろんのこと2人ともボディーがまた綺麗なこと。ただそのせっかくの美しいボディーが途中からローションまみれになってしまいます。これはもう美しい清流に石油を流すようなもの。自然を大切に!自然の美しさを大切に!さらには手を突っ込んでゲロプレイまで発展してしまいます・・・・キモイ・・・モロに見てしまいました・・・・ゲロは勘弁してください。しかも最後の方にそのゲロプレイがあるのでこの作品の印象がゲロプレイになってしまいました。というわけで良かった点はつぼみがかわいかった、晶エリーが上手だった、悪かった点は唾液と道具が多すぎた、美しいボディーに泥を塗った、非常に悪かった点はゲロプレイがあった。唾液やらゲロやらをたっぷり見せられ出演者がこの2人では無かったら斬り捨てるところでしたが出演者がカワイイという点でたいていのことは大目に見れます。でも今はこのゲロプレイを指示した人にあんなことやそんなことをしたい気分です。

******************男が出ない度:★★★★★
**********************ルックス:★★★★★
************シュチュエーション:★★★★
************************エロさ:★★★★
**************ゲロプレイいらん:★

作品:A メーカー:ドグマ

ジャンル:拘束

※これは感想です効能には個人差があります





スポンサーサイト
[PR]

3ddt235pl.jpg
大沢佑香 小澤マリア

大沢佑香が攻め側になって拘束椅子に乗せたりして小澤マリアを攻略するという作品。カワイイ大沢佑香と綺麗系の小澤マリアが出ているので高ポイント。そういえば大沢佑香は晶エリーと改名したそうですね。なんか変な(省略)小澤マリアは以前LADY×LADYのレズものに出ていましたが2作目のレズもの出演です。見た目は外国人なのに日本語ペラペラという面白い組み合わせのお方です。ただ・・・・左肩に刺青を入れてしまっています。さらにヘソピアスもしています。これがアメリカ人の客なら「OH!YAA」と喜ぶのかもしれませんが日本人は女の人の刺青を見て気にならないという人は少数ながらいるものの喜ぶ人はまずいません。ほとんどの人が引くのでとてもマイナス。しかも前作には入ってなかったので昔彫ったものならともかくAV女優活動中に彫るなんて・・・・これはどう考えても営業ミスです。マネージャーはクビです。もちろん私も3歩ぐらい引きました。でも大沢佑香の方は名前はあれになりましたが今までと同じくカワイイです。でも命名担当の人は減給です。攻め側の人は新しくなりましたが3部構成なのはこのシリーズの伝統のようで変態プレイ、拘束椅子プレイ、ラブラブプレイという構成になっています。というわけで最初は変態プレイなのでいろんな特徴的なプレイがあります。ヨダレをデローンとさせたり潮を吹きかけたり嗚咽プレイに道具プレイ、やってることは汚いこともありますが2人ともハイレベルなルックスなのでなかなか悪くありません。美人って得ですね。しかし大沢佑香のオマンコって永久脱毛したようなぐらい綺麗なパイパンです。みんなやればいいのに。次はタイトルにもなっている拘束椅子プレイ。まだこのシリーズを見た事無い人のために説明しておきますと歯医者の椅子みたいなところに全裸の女優をM字開脚で縛ってプレイします。このあたりで気付きますが声はちょっと小さいものの結構大沢佑香はノリノリです。前任者の紅音ほたるがちょっとあれだったので余計ノリノリに見えます。小さい大沢佑香が大きい小澤マリアを攻めるというのもいいですね。昔からこのシリーズは道具もそこそこ使いますがなにやら初めて見る道具で鷹の爪のデカイバージョンみたいな道具も登場します。いろんな道具を使いますがラブラププレイではないのでそこまで気になりません。それに最後のラブラブプレイではローションは使うものの道具は使いません。今まで攻められっぱなしだった小澤マリアも大沢佑香を攻めます。やはり小澤マリアのヘソピアスと左肩と腰の刺青は終始気になりました。さらに顔の肌荒れも気になります。しかし大沢佑香はなかなかやれそうです。これはつぼみ編はさらに面白いに違いない!次がメインレースです。すでに入れてしまってるのならしょうがありませんが肌を見せるAV女優様が刺青を彫るのは絶対に止めた方がいいと思います。

**********男が出ない度:★★★★★
**************ルックス:★★★★★
******シュチュエーション:★★★
****************エロさ:★★★★
*************刺青禁止:★

作品:A メーカー:ドグマ

ジャンル:拘束 パイパン

※これは感想です効能には個人差があります





ddt100pl.jpg
姫咲しゅり 三上翔子

この二人が激しくレズプレイしたり姫咲しゅりを椅子に縛り付けて三上翔子がイジメたりとにかくめちゃくちゃするという作品。まず姫咲しゅり様が出ているというだけでとても高ポイント。そして「三上翔子見飽きた」と昔何度言ったかわかりませんがこのシリーズだけは違います。その後3人の女優がこのシリーズに挑戦しましたが改めて三上翔子の凄さがわかりました。というわけでこのシリーズを作るために生まれてきたような女優の三上翔子が担当しているのもとても高ポイント。で、三上翔子はもちろんのこと姫咲しゅり様も攻め側が多かったわけですが、この作品では思う存分三上翔子に姫咲しゅり様が可愛がられたりイジメられたりします。滅多に見れない姫咲しゅり様の姿なのでその状況だけでも非常に興奮するというものです。まず、二人でいきなりハードにプレイするわけですが二人とも演技派ですし会話も多いですし噛み付いたり唾を掛け合ったりするもののその状況にとにかく見入ってしまいます。こんなことを指示されてできるはずもなくアドリブでここまでやれる二人が凄いと思います。姫咲しゅり様が目と顔を真っ赤にして涙を流したり三上翔子はほんとに姫咲しゅりのことを好きなんじゃないかと思わせます。とにかく普通じゃありません。そして次がタイトルにもなっている拘束椅子プレイで最初にあんなプレイを見せられた後ですしこのプレイにも繋がりがあります。いつもは他の女優をイジメたりすることが多い姫咲しゅり様の甘える姿にものすごく意表をつかれました。そんな姫咲しゅり様に三上翔子がさらにノリノリで全く容赦しません。このあたりからはずっと姫咲しゅり様は泣いています。泣きながら「もっと犯して」と言ったりずっと会話をしながらプレイしてるので面白シーンの目白押しです。ビンタしたりイジメたりもしますがちゃんと可愛がるシーンもあります。この拘束椅子プレイはもう二人ともノンストップでしっちゃかめっちゃかです。こんなにテンションの高いプレイはそうそう見れません。最後に競泳水着になって二人でプレイします。相変わらず二人のテンションが高いです。茶髪で日焼けしている三上翔子と黒髪白肌の姫咲しゅり様の対比も素晴らしくしかもそれが3時間もあります。キスの回数は300回を超え唾液の交換50回三上翔子が舐めた距離30メートル姫咲しゅり様が突かれた回数200回泣いている時間2時間、とにかく壮絶でした。個性派女優でいつもは攻め側の二人なんですが水と油どころか水魚の交わりになっている作品です。完璧な作品ではありません、欠点が無いわけではありません。しかしそれ以上にインパクトがものすごかったです。まるで1本の映画を見ているようでした。姫咲しゅり様の左肩の件に関してはまあまあ良いではありませんか(お気に入り女優には甘い)付け爪と違ってもう取り外しが効かないですしねえ。刺激を感じたいという方は是非お試しあれ。特に姫咲しゅり様は個性が強すぎて時代が追いついておらず良作があまり残ってないので姫咲しゅり様に興味がある方は絶対に見逃してはいけません。このシリーズとしては2作目・・・って手探り状態のはずの2作目でこの内容にできる三上翔子はやっぱり偉いと思います。2004年の作品です。

*****男が出ない度:★★★★★
*********ルックス:★★★★
*シュチュエーション:★★★★★
***********エロさ:★★★★★
******壮絶なプレイ:★★★★★

作品:殿堂入り メーカー:ドグマ
ジャンル:ハードレズ 拘束 コスプレ 

※これは感想です効能には個人差があります






3ddt187pl.jpg
紅音ほたる 浜崎りお

紅音ほたるが攻め側になって拘束椅子プレイなどをするという作品。美巨乳な浜崎りおが出ているので高ポイント。でもやはり相変わらず紅音ほたるがケバいです。さらに付け爪はもちろんのことヘソピアスもしています。もうこうなったら注目点は有名女優の浜崎りおがどれぐらいやられるかですがとは言っても紅音ほたるは口数は少ないですしなんか言わされてる感もありそんなにタチが上手なほうでもありません。知名度的に妥当だったのかもしれませんが改めてこのシリーズのタチ役に紅音ほたるを起用したのは失敗だと思います。もちろん道具もたっぷり使います。浜崎りおもあまり喋りません。紅音ほたるファンの方には十分楽しめると思うんですが・・・でもすでに引退していますしこれはしょうがありませんね。あとやはりCROSSの作品の雰囲気に似ていました。もうこのシリーズも終焉かなあと思いました。

**********男が出ない度:★★★★★
***************ルックス:★★★
*******シュチュエーション:★★
*****************エロさ:★★
**********やっぱりケバい:★

作品:B メーカー:ドグマ

ジャンル:拘束
 
※これは感想です効能には個人差があります
女優別作品集 メーカー別作品集 ジャンル別作品集
レズ作品ランキング

アンケートの結果
アンケートにどうかご協力お願いします→→→→→→→→






3ddt181pl.jpg
紅音ほたる 羽田夕夏

この二人が調教する側される側に分かれてハードにレズプレイするという作品。タイトルは少し変わっているもののけっこう歴史あるシリーズの続編です。1~4作目は三上翔子、5作目は西村あみ、6作目は立花里子が担当し、この作品では紅音ほたるが担当しています。まず、作品が始まってほとんどの人がこう思うと思います「紅音ほたるがケバイ」これは並のケバさではありません。今までみたメイクの中でも5本の指に入るほどのケバイさです。昔の清純派な頃に比べたらもはや別の生物になっています。そして羽田夕夏も紅音ほたるほどではないものの負けじとケバイメイクをしていてダブルでケバイというのがとてもマイナス。この時点でもう私のテンション値は0付近になっているのでこの作品の感想を終わります・・・・

でもせっかく借りたわけですし名シリーズの続編ですし最後まで見ることにしました。一つ言えることはこのブログやってなかったら最後までは見ませんねこの作品。それぐらい異様にケバイです。普通に歩いていてもちょっと怪しい素振りを見せたらすぐに職務質問されるレベルです。当然ケバイと言えば必ずと言っていいほどセットになっている付け爪やヘソピアスもあります。テンションも0どころかマイナスに・・・・で、昔のこのシリーズの良かったところと言えば三上翔子がものすごく上手に有名女優を調教したり可愛がるというところでした。他の作品では見飽きててもこのシリーズの三上翔子はとても上手で光っていました。あれから4年、三上翔子ほど上手にできないというのは当たり前だとしてもいろんな面で昔より面白くありません。たいていのシリーズはだんだん面白くなりますがだんだん面白くなくなるというのも珍しいですね。判り易く言うとこれはCROSSの作品みたいなドグマの作品でした。タイトルがこれじゃなかったらCROSSの新作かと思えるほどです。あと紅音ほたるは目立ちすぎるのでこの手の調教役には向いてないなあと思いました。これがただの一作品だったら「あーケバかった」で感想も終わりますが名シリーズが落ちていくのはやっぱりしのびないです。もしまだ続編を作る気があるのなら初心に返って欲しいです。

****************男が出ない度:★★★★★
********************ルックス:★★
************シュチュエーション:★★
*********************エロさ:★
*******************ケバすぎ:★

作品:C メーカー:ドグマ

ジャンル:拘束

※これは感想です効能には個人差があります
女優別作品集 メーカー別作品集 ジャンル別作品集
レズ作品ランキング

アンケートの結果
アンケートにどうかご協力お願いします→→→→→→→→







 | BLOG TOP |  NEXT»»


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」