FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


1dvdps881pl.jpg
結城リナ 姫川りな 仲村もも 島田香奈 陽多まり 彩芽はる 他女子校生14人

上級生グループ10人と下級生グループ10人が対立していろんなレズ抗争がぼっぱつするという作品。総勢20人出てくるわけですが大人数ものにしてはなかなかのルックスが揃ってるので高ポイント。まず上級生グループが対立相手の1人を拉致してきて10人掛かりでイジメます。強制クンニもありなかなかのイジメプレイなんですがこの拉致された人がプレイ中に思わずケタケタ楽しそうに笑ってしまいなんか台無し感があります。そして今度はその仕返しとして下級生グループが上級生2人を拉致してきます。ただ最初のプレイと全く同じことをするのでちょっと飽きてしまいます。そして今度はリーダー同士の対決になり屋上で1対1でレズ対決をします。かなり長いことキスをした後指マンしたりクンニしたり双頭バイブで突き合います。上級生リーダ-が実は処女という設定は高ポイント。そして最後に20人全員が1対1になり長いことキスしたりクンニしたりします。総勢20人による大クンニ大会は高ポイント。そして乱交で終了です。ただまず20人いるのはいいんですが全員同じギャルタイプなのでバリエーションが少ないのと(いえいえもっとロリ女子校生を出せという意味ではありませんよ)最後の総勢20人での乱交が始まるまでに1時間40分も掛かってるので時間配分がおかしいのがマイナス。その乱交までの1時間40分はプレイするのは2、3人で他は観客なのでプレイ中観客がギャーギャー騒がしすぎます。せっかく40個のおっぱいと20個のオマンコがあるのに全部使用するのは最後の30分だけとちょっともったいないなあと思った作品でした。ですが20人も出演する作品でここまでのルックスを揃えれる作品はなかなか無いと思います。

*********男が出ない度:★★★★★
*************ルックス:★★★★
****シュチュエーション:★★★
***************エロさ:★★★
**ギャーギャーうるさい:★★

作品:B+ メーカー:DEEP’S
ジャンル:女子校生 対決 乱交
 
※これは感想です効能には個人差があります

女優別作品集 メーカー別作品集 ジャンル別作品集
レズ作品ランキング





1rdad026pl.jpg
三上翔子 菊地麗子

最初から最後まで1対1でとことんレズ対決をするという作品。三上翔子がレズファイトシリーズに参加してしまうとスーパーシード扱いになってしまうのでレズファイトから飛び出した三上翔子のために用意された作品です。監督も同じですし展開はとてもよく似ています。まず簡単なレズについてどう思うかなどのインタビューがありもちろん猛烈に長いキスがあります(11分43秒)ボス長すぎです・・・・そして対決プレイが始まるわけですが相変わらず会話しながらの対決プレイは面白いので高ポイント。ただここで問題発生!相手の菊池麗子が付け爪をしています。なので指を突っ込むわけではなくクリトリスをこするだけになっています。レズ対決の目玉の一つ執拗な指マンが見れないのでとてもマイナス。あと森川作品にしては珍しく道具を使用するプレイもあります。そんなこんなで3本勝負で行われ終了後に仲良く飲み屋で会話して終了です。ただまず菊地麗子があまりかわいくないのと三上翔子とタイマンを張るほどの存在でもないのがマイナス。さらに2時間以上同じ組み合わせの同じようなプレイなので後半になると当然飽きてしまうのもマイナス。あとトーナメントでも無いのでどっちが勝つかの緊迫感もありません。2人っきりで2時間レズ対決というのは無理があるなあと思いました。しかし2時間以上三上翔子が出っぱなしなので三上翔子ファンの方にオススメです。

*****男が出ない度:★★★★★
*********ルックス:★★★
シュチュエーション:★★★
***********エロさ:★★★
**菊地麗子の付け爪:★★

作品:B メーカー:ハンドメイドビジョン
ジャンル:対決 森川作品

※これは感想です効能には個人差があります





三上翔子 ビクトリア

三上翔子とビクトリアが徹底的にレズ対決をするという作品。三上翔子の対戦相手がビクトリアに変わっただけで内容は前作とほぼ同じです。最近刺青外人ばかり見てきたので刺青が無いビクトリアが素晴らしく見えます。しかし日本では刺青が無いことは当たり前なので騙されるわけにはいきません。三上翔子もいろんな相手とレズってますがおそらく外人との絡みはこれ1本なのでなかなか貴重な作品です。さすがに三上翔子なので相手が外人でもソツ無くこなします。ただ外人相手の絡みも最初はちょっと面白いんですがずっと同じ組み合わせなので後半は当然飽きてしまうのとビクトリアもパツキンではあるもののあまりカワイク無いのとカタコトの日本語しか解らないのでほとんど会話が通じません。というわけで長所も短所も前作とほぼ同じな作品です。

*****男が出ない度:★★★★★
*********ルックス:★★★
シュチュエーション:★★★
***********エロさ:★★★
*********会話不足:★★

作品:B メーカー:ハンドメイドビジョン
ジャンル:対決 森川作品 日本×ブラジル

※これは感想です効能には個人差があります





日米レズ対決

504ibw037pl.jpg
永瀬あき アンバー ホーリー

日本代表の永瀬あきがアメリカ人のアンバーとホーリーとレズ対決をするという作品。永瀬あきがなかなかロリカワイイので高ポイント。赤毛の方がアンバーでアンバーはなかなかカワイイです。ですが金髪の方のホーリーはあまりカワイクありません。まず最初にアメリカ人同士のレズプレイがあり、そして永瀬あきVS赤毛のアメリカ人、永瀬あきと金髪のアメリカ人、最後に3Pです。このアメリカ人2人が2人ともパイパンでこのアメリカンポルノのパイパン文化は見習うべきなので高ポイント。ただこのアメリカ人2人が2人とも刺青をしていてこの刺青文化は絶対に見習ってはいけないのでとてもマイナス。というわけでプレイの方ですがえー3人とも付け爪をしています・・・・もうこの時点でダメです。レズ対決の中心となるべき執拗な指マンがありません。もちろん道具中心です。あとやはり相手がアメリカ人なのでリアクションが「オウーイエス、オウーイェス」なのも未だに受け付けません。相手は完全英語でプレイします。永瀬あきがロリロリで外人の顔はかなり年上に見えるので永瀬あきが弄ばれてる感じはいいんですがやはり付け爪と刺青がネックです。赤毛の方がかなりの潮吹き体質ですがそんなこともどうでもいいです。あとプレイの方もあまり対決してるようには見えません。しかしなんで外人ってあんな簡単に2度と消せない刺青を入れるんでしょうか。しかも体を見せることが商売のポルノ女優が。そしてアメリカの男どもはそんないかにもという人の裸を見て嬉しいんでしょうか不思議です。しかし日本人と外国人がレズ対決をするという試みは面白いので今度輸入する時は契約条項に体に刺青がないかどうかを追加してください。

*****男が出ない度:★★★★★
*********ルックス:★★★
シュチュエーション:★★★
***********エロさ:★★
*****付け爪+刺青:★

作品:C メーカー:I.B.WORKS
ジャンル:対決 日本×米国 パイパン

※これは感想です効能には個人差があります





1sddm499pl.jpg
柿本彩菜 つぐみ 中山りお 松雪聖名 レズリンチの時に出て来る方々

女同士のトーナメントで服の脱がし合いをして優勝者には賞金をやって先に全裸にさせられて負けたほうはレズリンチされるという作品。レズファイトみたいなフレンドリーな感じの対決ではなくどちらもかなり本気で必死に服を脱ぎ取ろうとします。まずレースクィーンとは名ばかりで4人のルックスがたいしたこと無いのがマイナス。ただレースクィーンのコスプレをしているだけです。服の脱がし合いも最初は面白いのですが、本気なのですぐ膠着状態になって荒い息遣いだけになってその膠着状態がしばらく続いたりします(ブレイク無しの総合格闘技の寝技合戦を想像してください)完全に本気です。負けたほうに対するレズリンチのほうもエロよりも暴力に重点を置いてるので髪の毛引っ張ったり鼻の穴に指突っ込んだり言葉責めしたりレズ痴漢などのようなエロさが無いのもマイナス(Sの気がある人にはもっと面白いかもしれません)ただ試合前の1対1での女同士の本気ビンタは滅多に見れないので一見の価値があります。本当に本気でビンタしてます。

*****男が出ない度:★★★★★
*********ルックス:★★★
シュチュエーション:★★
***********エロさ:★
*******本気ビンタ:★★★★★

作品:C メーカー:SODクリエイト
ジャンル:対決 コスプレ レズリンチ

※これは感想です効能には個人差があります





««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」