FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


1rlady056rpl.jpg
大沢佑香 東野愛鈴 初音あおい

この3人がいろんなシュチュエーションで潮吹きを中心にプレイするという作品。なかなかな3人が出演しているので高ポイント。さらに大沢佑香はパイパンです。まず東野愛鈴と初音あおいがキャンギャルになって先輩と後輩の関係でプレイします。メインは大沢佑香だと思ってたので意外です。さらに意外続きでこれがまた良いプレイでかなり濃厚です。特に指に付いた素敵な液体をしきりに舐めます。エロいですね。次が大沢佑香がロリロリになって初音あおいがメガネ家庭教師になり大沢佑香が先生を誘うというかなり私好みのシュチュエーションがあるので高ポイント。家庭教師が最初は拒否するというのがいいですね。大沢佑香がかなりしつこく誘うので家庭教師が根負けします。これは良い展開と思っていたんですが嫌がってたはずの家庭教師がプレイ開始時にいきなりハードなベロキスをするので台無しです。こんなハードなキスをすると大沢佑香のロリ分も失われてしまいます。消極的という設定での出会い頭のハードなベロキスは設定を台無しにしてしまうので注意が必要だと思います。プレイの方はこれもまた濃厚で良いんですが大沢佑香が爪が長いのが残念です。大沢佑香は以前も付け爪をしていたのでレズもの女優としてもうちょっと覚悟を決めて欲しいです。しかしオマンコ攻めが中心なので大沢佑香のパイパンを十分堪能できるのは高ポイント。3プレイ目が東野愛鈴がギャルになって大沢佑香がロリ娘になってプレイをします。さっきの設定と被ってますしナチュラルメイクの方がカワイイのに東野愛鈴がギャルメイクをしてるのも残念です。途中で小型ではあるものの電マも登場します。電マは今後なにがあろうと妥協しません。やっぱり嫌いです。その後ペニバンも出てきますがペニバンはまだ妥協面もあり電マに比べたらまだマシですがここまで来たらもう道具を使わないプレイに集中して欲しかったです。最後は3人全員勢ぞろいで全裸になって登場し3Pでの潮吹き祭りが開催されます。これもまたかなり濃厚でした。プレイは全体的にオマンコ攻めが中心でかなり良くできていました。ただ、まずお気付きの通り昔は喜んでたものの私は最近潮吹きで喜ばなくなりました。悪いとは思いませんが潮吹きの価値を暴落させてしまった女優が登場しましたからね。なのでこの作品も潮吹きのバーゲンセールなので最初はおっ!と思うもののだんだん飽きてしまいました。それに大沢佑香の爪が長いので大沢佑香の攻めが足りません。主役だからこそ一番攻めて一番攻められて欲しかったです。1プレイ目が一番面白かったというのがそれを現しました。あと細かいところでは初音あおいの胸のところのデキモノがありこういうの意外と気になります。しかし潮を吹かせた後にかなり舐めたりとプレイは良くできてるので私が気になった点が気にならない人にはもっと面白いと思います。

**************男が出ない度:★★★★★
******************ルックス:★★★★
**********シュチュエーション:★★★★
********************エロさ:★★★★
**************潮吹き飽きた:★★★

作品:A メーカー:LADY×LADY

ジャンル:コスプレ 潮吹き パイパン

※これは感想です効能には個人差があります

女優別作品集 メーカー別作品集 ジャンル別作品集
レズ作品ランキング

100人アンケートの結果
アンケートにどうかご協力お願いします→→→→→→→→







スポンサーサイト
[PR]

コメント

 作品発表当初、好きな大沢佑香さんのご出演ということもあって大変期待していて購入予定に入っていたのですが、みやけさんのところで大沢佑香さんの私好みの立派な乳首に対する攻めがほとんどないというレポートを読みまして、残念ながら購入見送りとなってしまいました。
 あの乳首への攻めなくして、なんのレズ作品か?という誠に私勝手な趣味の押しつけのような動機ですみません(;´_`;)

 潮吹きは私も好きな行為なんですが、問題なのは作品作りに際して「まず、潮吹きありき」という制作者側の態度、考えなんですね(それが作品のコンセプトなんだから当然だろと言われればそれまでなんですが)。潮吹きありきでプレイするから道具を使ってしまう、身体の他の部分の攻めはそこそこであそこへの攻めばかりになってしまうんですよね。
 私はレズ作品では、その出演女優さんの身体的特徴、またはその方の性感帯に応じた攻めを重視していただきたいです。

 レズものに限らず、男女モノでも潮吹き全盛だそうなんですが、潮吹きと言ってもそのほとんどが本当の潮が吹いているというわけではなく、おしっことほぼ同様らしいんですよね。夢を壊したらとしたら申し訳ないんですが。
 やはり、本物の潮を吹くからおおっという感動が有る訳で、あまりにも嘘でもいいからとにかく派手に出しちゃえといった潮吹きではあまり嬉しくはないですね。

 電マの一番の問題点は電マを当てられた当人は気持ちいいんでしょうが、気持ち良さが画面から伝わってこないですし、勝手に電マ自体が振動してくれるから、相手を気持ちよくさせてあげようという一生懸命さ、快楽を与えてあげようという意思が見えてこないからなんですね。攻める側の女性のそういった気持ちが伝わってこないのであれば、見えなければ、それはレズ作品である必要はないですから。レズ作品を見る主目的は男の毛むくじゃらのごつごつした身体を見たくないからなのですから、女らしい手の持ち主の男性でも良いですし、ニューハーフの方でもかまわないですしね。

そういえば確かに乳首はないがしろにされてたような気がします。オマンコばかり見てたので乳首のことはあまり考えていませんでした。ずれずれさんにとってはこっちの方が重要なんですよね。

>レズものに限らず、男女モノでも潮吹き全盛だそうなんですが

そういえば最近潮吹き作品って多いですよねー
体質的に潮を吹き易い人はかなり仕事が増えてますね。昔は貴重性があったのが良かったんですけどねー
紅音ほたるが歴史を変えたような気がします。

電マの問題点確かにそれは大きいですね。あれ簡単すぎですよね相手を気持ち良くさせるのが。でも・・・・私にとってそれは二番目でやっぱり最大の問題点は・・・・・
オマンコが隠れてしまうところです!!!

レズもの太郎さん、ずれずれさん、こんにちは。

私も電マには反対派です。女優さんが本気で感じられる道具である事は間違いないようですが、出来れば排除してもらいたいですね・・・。なんといっても見てくれが悪いですから。

潮吹きに関してですが、絵面が派手な反面、どうもトリックっぽく見えちゃうんですよね。あくまでも聞いた話ですが、女優さんのオ○○コにあらかじめローションを仕込んでおいて、それを掻き出すようにして潮吹きっぽく見せるというテクニックもあるようです。さらに言えば、最近どうも「潮吹き」と「お漏らし」がごっちゃになっているような気がします。滅多に現れない現象として潮吹きはレア感があり、一種の物珍しさがあったわけですが、今はそういう事もないですしね。
女性の反応としては、顔が真っ赤になっちゃったり、大汗をかいていたり、プルプル震えちゃったりする方が、本気で感じているのが伝わってきて良いですね。このあたりの反応は大石もえちゃんが出色です。

>>レズもの太郎さん
>オマンコが隠れてしまうところです
やっぱりでしたか(^_^;)コメントにそうではないかと書こうと思っていました。

>>シアンさん
>プルプル震えちゃったりする方が、本気で感じているのが伝わってきて良いですね。
それ!私も同感です(^_^)あと、乳首を触られただけでもビクンッと感じてしまう沢井真帆さん、そして、最後の全身をビクンビクンさせてイク女優さんではFA作品にご出演の結衣美沙さんなんかもいいですね。

 レア感、もの珍しさという点ではふたなりも最初はそういった感があって見たこともありますが、今は多く出ている作品を見たいとは思いませんしね。
 ふたなりで今も気に入っているのはカルマの「ふたなりパイパンレズビアン」です。この作品はどちらか一方だけがふたなりで、ふつうにレズ作品として見ることができるのでふたなり嫌いな方にもご覧いただける作品だと思います。レズコムでベロ吉さんもおっしゃっていましたが、今のふたなり作品はもはやレズ作品とは別物になっていると思います。

>>シアンさんへ
電マはあと音もうるさいですからね
見る側からしたら百害あって一理無しなような気もするんですがなかなか減りませんね。やはり好きな人もいるんでしょうね。

アーアー聞こえません
そんなAVの裏話は聞こえません

確かにプルプル震えるのはいいですねえ。
制服レズビアンでも南つかささんがいい感じでしたね。

>>ずれずれさんへ
電マと共にふたなりもあれですね。
好きな人もいるというのは分かるんですが・・・・
私もふたなりパイパンレズビアン大好きです。あれは良かったですね。
ふたなりはさすがに今後少しづつ減っていくような気がします。

レズもの太郎さん、ずれずれさん、こんにちは。

ふたなりものはやはり、二村ヒトシ監督の影響が多大だったと思います。自分の中にあるエロ妄想を具現化する事に心血を注ぐあまり、リアルなチ○コによるふたなりものを指向してしまい、結果、ニセモノなのにモザイクがかかるという本末転倒になってしまいました。エロ漫画やゲームではふたなりものに一定のニーズがあるとは思いますが、やはり実写化してはいけないもののような気がします。

ちなみに私は、かつて亜麻木硅(あまきけい)さんという作家さんが書かれたレズもの漫画が好きで、アンドロイドの美少女が主人公の女の子とHするために疑似チ○コを生やす描写に興奮した記憶があります。

ほんとふたなりチンコにモザイクって本末転倒ですよねー
あれ意味が判りません。それにふたなり作品は不思議と出演者が豪華すぎです。あーもったいないもったいない。
平均的な女優が出てるならあまり気に留めないんですけどねー

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aaaabbb.blog89.fc2.com/tb.php/1189-c796cef4

 | BLOG TOP | 


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」