FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


結城リナ

yuuki_rina.jpg
結城リナ(2005~2008)
生年月日 : 1985年12月27日
星座 : やぎ座
血液型 : A
サイズ : T163cm B84cm(Dカップ) W59cm H85cm
出身地 : 神奈川県
趣味・特技 : スポーツ、カラオケ、ガチャピン関連グッズ収集、バスケットボール、フットサル

ルックスも個性的でボーイッシュで美ボディとなかなか印象に残る女優でした。最初見たときはそこまででもなかったんですが年々かわいくなっていたような気がします。特にボーイッシュという女優はなかなかいなかっただけにレズものでは重宝したはずなのに・・・・たいした良作を残せぬまま引退してしまいました。というかまともな作品もマン恋ぐらいしかなかったような・・・各メーカーの出演者選び担当の人はいったいなにをやっていたんでしょうか。アナルやら痴漢作品の痴女役やら変な役ばかりなのもったいないですね。見た目通りに運動神経も良かったみたいで女子校生姿がかなり似合ってただけに普通の女子校生ものがもっと見たかったです。この教訓を活かしてもっとボーイッシュな女優の発掘を!スポットライトを!というか今考えたらマン恋の第一作目の出演者ってかなり豪華でしたね。次の新作が出たら書こうと思ってたのに引退と同時にとなってしまったのが残念です。

**********ルックス:★★★★
**********ボディー:★★★★★
***********演技力:★★★★
****同性への積極性:★★★
*******ボーイッシュ:★★★★★

ジャンル:ボーイッシュ

主な出演作品:女子校生自転車リンチ軍団 マンコがマンコに恋をする理由~女子校生アクメ中毒レズビアン ヤリすぎウテウテ痴女学院2 20人! レズ抗争がぼっぱつ!たいへんだーっ! 女学園の皆さ~ん!私がアナル好きな女教師です。 親友同士でオナニー見せ合ってハードレズ

※これは感想です好みには個人差があります





スポンサーサイト
[PR]

コメント

結城リナさんを語る上において・・・良くも悪くも避けて通れない代表作であり、出世作は、この作品ではないでしょうか。

バトル社 「B-1ザ・プロレズリング」 (結城リナ 坪井あみか)
https://www.catfight.co.jp/showitem.cgi?item=8064
(本作は前後編の2作品制作されていて、前編がお色気無しの女子プロレス作品、後編である本作がお色気レズバトル作品となっています・・・・・8400円ですが(笑))

2006年4月末という・・・幾人もの女優さんの引退が続いた時期に、現れた、抜群な運動神経を誇る珍しいタイプの女優さんでした。
AV女優さんがする「女子プロレス作品」において、本物のプロレスラー並みの本格的なプロレス技がこなせる彼女の運動神経の良さが、当時、キャットファイト系のサイトやHPで話題となりました。
彼女の登場で・・・・・
固定ファン層が先細りしていた中で、新規ファン層を開拓することに成功し、「バトル」社が、息を吹き返したのでございます。今日、バトル社系列のメーカーが元気で・・・バトル社系列のsss社や、アキバコム販売網への拡充・・・AV女優さん同士の、レズやお色気を伴わない・・・純粋な格闘・キャットファイト・女子プロレス作品が安定して制作されている現状です。
同時期に、テレビ東京系列の深夜番組で、夏目ナナさん、範田沙々さん、吉本興業の板尾逸路さんらとともにレギュラー出演された「お色気バラエティ番組」の中でも、ツンデレのおいしい役周りで、AV女優で作ったフットサルチームのリーダー的存在などなど・・・スポーツ万能キャラを活かしたメデイアへの露出が話題となりました。テレビ番組を見て結城リナのファンになり、バトル社の女子プロレス作品を購入した人の書き込みを某キャットファイトファンサイトで見たことがございます。
男女作品を含めた業界全体を通しても、今なお「女子アスリートブーム」ですが・・・表の世界では「ビーチバレーの浅尾美和」裏の世界では「AV女優・女子プロレスの結城リナ」が、オリンピック閉会後も続く、「女子アスリートブーム」の火付け役となったことは言うまでもありません。
その他にも・・・たしか・・・youtubeでバンドのボーカルをされてた映像を見たことがあります。
GIGA社のヒロピン作品も数多く出演されていました。
パラダイステレビの企画番組の司会を数番組、日高ゆりあちゃんとやってたり(日高ゆりあちゃんと結城リナ嬢が、ここ数年のパラダイステレビの「顔」的な女優さんでしたもんね!)と、活動範囲も幅広かったと思います。
惜しむらくは、レズもの太郎御大、ご指摘の通り、純粋レズ作品への出演がが、意外にも少ない点です。
名タチ女優の素質があるだけに、もっと作品が見たかったです。いやあ・・・引退残念です~。(/_;)

へーへーへー
これはこれは貴重な情報どうもありがとうございます。
ほんとこれだけの人材が純粋レズ作品が1本しかないのが残念でなりません。
しかしバトルものは相変わらず高いですね・・・・
4本買えるような気が・・・・

レズもの太郎さん、こんにちは。

結城りなさんも引退ですか・・・「ノーマル」なレズものでの活躍を期待したのですが、残念ですね。「マン恋」での「オ○○コ」連呼はかなり賛否両論が巻き起こりましたが(というか、否の方が多かったですが)、あの時点であのキャストをそろえてあの作品が出来たのは、二村監督のキャスティングセンスと絶妙なタイミングがなせる技だったんでしょうね。

あのボーイッシュな感じと絶品ボディ・・・
もうああいう女優現れないだろうなあと思えるだけに残念です。
今考えたらほんと絶妙ですねあの3人。結城リナの唯一の純粋レズ作品を残してくれたということを含めて二村監督には感謝しています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aaaabbb.blog89.fc2.com/tb.php/1239-54ae5b23

 | BLOG TOP | 


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」