FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、私と言えば暇な時にマンガ喫茶によく行きますが(正確にはインターネットカフェ)その歴史の中で特に面白かった作品をご紹介したいと思います。

・寄生獣(全10巻)
このままでは地球がダメになってしまうとみんなが思ったら寄生虫が飛んできて人類を脅かすという作品。バトルあり、家族愛あり、グロテスクあり、環境問題あり、この作品はとにかくムダがありません。10巻で綺麗に終わります。作者の地球環境問題への考え方はとても共感できるものがありました。起承転結が素晴らしい作品です。
※この作品には暴力的な表現が含まれています

・あずみ(全48巻)
江戸時代初期頃に忍者風の美少女が良いやつから悪いやつ有名人までほとんど皆殺しにするという作品。登場人物の95%が死にます。そういえば観たことはありませんが上戸彩が主演で実写版やってましたね。48巻もあると後半は同じことの繰り返しになってしまいますが前半はとても面白いです。
※この作品には暴力的な表現が含まれています

・デスノート(全12巻か13巻)
名前を書いたらその人が間違い無く死ぬノートを拾った主人公が悪人を皆殺しにしようそれを阻止しようとする作品。少年誌ですし名前を書いたら人が死ぬノートなんて陳腐な設定っぽいんですがあら読んでびっくり。実は天才二人の駆け引きに焦点が当てられていてそれがとても面白いです。繰り返し読んで面白い作品ではありませんが、なにも知らずに初めて読んだ時の面白さは筆舌に尽くせません。あることが起こってからは面白さも減りますがそれでも十分面白かったです。なお私がデスノートを拾ったら主人公と似たようなことをしようとします。

・ベルセルク(1~35巻ぐらい)続行中
中世ヨーロッパ風の頃にガッツという凄い力持ちの剣士が人間から怪物から皆殺しにするという作品。最初の方は明らかに前フリなのであんまり面白く無いんですがグリフィスというキャラが登場してから急激に面白くなります。ものすごく残虐なので女の人はなるべく読んではいけません。まだ話が続いてる最中で終わりそうな気配が全然無いのがたまにキズ。なお私が覇王の卵を拾ったら皆さんを捧げます。
※この作品には暴力的な表現が含まれています

・ぼくらの(全11巻)
中学生ぐらいの10数人が地球の未来を託されてロボットを操作してロボットと戦うという作品。設定だけ聞くと陳腐極まりありませんが、他にいろんなサプライズ設定があります。そのサプライズがいろいろと意表を付かれて面白かったです。

・よつばと(1~9巻)続行中
元気な外人の5歳児が近所の人たちといろいろと遊ぶと言う作品。毒と下ネタ抜きの女クレヨンしんちゃんを想像してください。清純派な作品なのでAVで汚れたみなさんには合わないかもしれませんがほのぼのすること請け合いです。同じく汚れている私が喜んだわけですからその面白さはとても愉快痛快です。

・ストッパー毒島(全12巻)
パリーグの不人気チームに入団した新人がいろんな騒動を起こしつつも成長するという作品。スポーツ漫画は面白くても話が長すぎるのが欠点ですがこの作品は12巻で綺麗に終わります。野球が好きな人が読んだら面白いのは間違いありませんが興味無い人も是非ご覧あれ。

・BECK(全34巻)
個性的でも不人気な無名バンドがどんどん出世していくという作品。ストッパー毒島と作者が同じです。メンバー集めから始まってその後なんやらかんやらがあります。いろんな困難が振りかかりそんなフランダースの犬的な感じは基本的にあまり好きではありませんがこの作品では愉快です。


この中でも特にお勧めなのが「寄生獣」と「よつばと」まだ読んでない人は是非お試しあれ。最近のインターネットカフェはとても綺麗で快適!

※無論AVとは全然関係ありません





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

レズもの太郎さん、こんにちは。

「寄生獣」「ベルセルク」「BECK」「DeathNote」は私も大好きなマンガです。私の好きなところでは(王道のジャンプ系コミックは外すとすると)、「鋼の錬金術師」(ガンガン)「うしおととら」(サンデー)「スプリガン」(サンデー)「蒼天航路」(モーニング)「陰陽師」(不明)「capeta」(月マガ)「修羅の門」(月マガ)・・・まだまだありますが。
特に「うしおととら」は33巻の長丁場、巡りめぐって全てのキャラが出揃う最終章の構成は見事です。インターネットカフェで見かけたら、ちょっと見てみて下さい。

蒼天航路!あれも超面白いですね。実は最終候補まで残ったんですがあんまり残虐系の作品を並べるのもイメージダウンかなあと思い外しました。うしおととら!読んだのはかなり昔ですがあれも面白かったですね。最初の目標を達成したら完結するのが良かったです。それ以外の作品は読んだこと無いので是非見つけて読んでみようと思います。良い情報ありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aaaabbb.blog89.fc2.com/tb.php/1558-bad6848a

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」