FC2ブログ

最新記事


最近のコメント


プロフィール

レズもの太郎

Author:レズもの太郎
性癖
プレイ内容よりも出演者のルックスを重視します。苦手なものは熟女、アナル、スカトロです。得意なものはパイパン、異常なシュチュエーション、有名女優です。
嫌いなものはゴキブリとレズ作品に出て来る男です。


FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

2007.01.14~


ブログランキング


カテゴリー


最近密かに百合アニメにハマっています。(どんな手段で観ているかは黙秘します)いやー最近のアニメって内容もさることながら10~13話ぐらいで終わるのがいいですね。昔は引き伸ばしまくりのドラ●ンボールやらいつ終わるのか解らない名探偵コ●ンやら。でも評判の良いものしか観てないので面白く無いのも多いんでしょうけど。こういう百合アニメを観た子供たちがレズもの好き予備軍となり将来立派な戦士としてレズものにハマるわけです。5年後のレズものAVはもっとすごいことになってるような気がします。
ただ、その分時間が・・・だから禁断の果実って言ったのに
ちなみにきっかけはやっぱり今年観たマリア様がみてるでした。別に百合アニメに興味がなかった人もあれに何人もやられたと思います。あれの原作者ってすごいですね。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

こんにちは~(^-^)

百合アニメ…
太郎さんはご存知かもしれませんが。

『KURAU Phantom Memory』(2004/BONES・制作/全24話)
西暦2100年。
父親の研究の失敗から少女・クラウは二つの光に分解し、
光の一つは、未知の知性体【リナクス】の力により復活を遂げる。
それから10年。【リナクス】の驚異的な力を借り、犯罪者を取り締まる
エージェントとなったクラウ。
彼女の前に失われたもう一つの対(つい)の光、少女・クリスマスが現れて…。

一言でいうとSFです~…(^-^;ゞ

【リナクス】と言うあがらえない運命の力に翻弄されながらも、
元は一つだったお互いを求め合う二人。
見方を変えれば、ボーイッシュなカッコイイお姉さんといたいけな少女の
百合のお話にも見えます…(^-^;
私は、主人公二人の心の交流が好きでした。
逃亡する二人のわずかな平安がほっとさせつつも切ないです。

地味な絵柄に地味~なSFのお話なので、万人受けは…たぶんしないと思われます。
所々哲学的で理解しづらい場面もあるかとは思いますが、意味は判らずとも
心で感じとるアニメ…でしょうか?
(美術・音楽が美しいっス♪)

よろしければ冬のこたつ(?)の御供に…。

エロじゃなくてごめんなさい。
失礼しました~\(__)

追伸:『マリア様がみてる』の原作者さん…サイン会でお見かけした事がありますが、
元・銀行員の人当たりの良い知的なお姉さまでした。
ちなみにイラストを担当している方も同行されていて…今時の若くて可愛いお姉さんでした♪

太郎さんは何年世代ですか?私は大韓航空機がソ連のミサイルで撃墜された頃にオナ○ーを覚えた世代です(笑)。その少しあとバブル前夜から全盛期にかけて、漫画界はちょっとしたレズ物ブームだったと記憶しています。くりぃむれもん等のエロアニメAVが発売されたり、アニメ風の絵柄のエロ漫画雑誌がたくさん出版されて、そう言った作品には必ずと言って良いほどレズシーンが収録されていたものです。また一般誌、例えばヤングジャンプとかでもレズシーンなんかが一杯出て来たり、エロ雑誌でもレズのグラビアや小説、体験記事等が盛んに載るようなりました。日陰の存在だった(と思います、それ以前は子供だったので良く判りません)レズと言う物が表舞台に現れた最初の時期だったと思います。

今30から40歳位にかけての世代のレズ好きは恐らくその頃に洗礼を受けた可能性が大です。

余談ですが私、こんな名前ですがパチンコもしないし「マリみて」もまだ一度も観たことがありません(汗)。

>ケイさんへ
『KURAU Phantom Memory』ですね!どうもありがとうございます!この作品初耳ですさっそく観てみようと思います。(なんで思い立ったらすぐ観れるのかは黙秘します)
24話でしたら1週間ぐらいで感想を報告できると思いますがもし万が一あまり面白くなかったという感想でも気にしないで下さいね。

>追伸:『マリア様がみてる』の原作者さん…サイン会でお見かけした事がありますが

さすがケイさん相変わらず素晴らしい行動力ですね。なんかケイさんってイケイケ青信号の吉乃さんみたいですね。銀行家から小説家に転向して大ヒットを飛ばしたわけですか、やっぱりすごいです。そういえば教えていただいた漫画版読みました。(ところで探してて思いましたがなんで少女漫画って背表紙がみんな一緒なんでしょうね)漫画版は漫画版で面白いですね。ただ7巻しか出てなかったのでまだ妹がどっちになるかは解りませんでしたが。漫画版を読んでアニメ版がいかに良く出来ているかも解りました。声が全員ピッタリってのがすごいです。

>ぱちんこマリア様が見てるさんへ
世代と言えばやっぱりドラゴ●ボール世代です。あれは流行りました。(ミステリアスを売りにしているので詳しくは秘密です)
>くりぃむれもん
名前は知っていますが観た事はありませんね。昔レンタル店で見掛けましたがいつの間にかなくなってしまいました。それがきっかけでいろんなものに飛び火したというのであればやはり日本でのアニメの力は偉大ですね。歴史は繰り返すということでしょうか。

>余談ですが私、こんな名前ですがパチンコもしないし「マリみて」もまだ一度も観たことがありません(汗)。

えっ!!!
余談なわりには衝撃的な。パチンコはともかくそんな名前にしたのもなにかの縁ですし一度観た方がいいと思いますよ。まず最初のシリーズの最初の3話だけで十分です。その最初の3話にマリア様がみてるの魅力が詰まっています。それで面白くなかったら縁がなかったということで。面白かったらその後も観てみてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>太郎さんへ
ドラゴンボール世代ですか・・うーん、10年ぐらいの幅がありますねえ(笑)。

私がマリみてについて知っている情報と言えば、「原作は何十巻も出ているのに主人公達は未だキスすらしない」「イラスト担当の人が百合姫の表紙を描いていたが、不可解な降板をした」・・こんなぐらいです。

百合の最大の重要な要素は「癒し」である!というのが私の持論ですが、ならばやはり一度観て見るべきなのでしょうか?でもレズAVは平気でレンタルできるのに、「マリみて」・・うーん、なんか照れるなあ・・。

ちなみにこの名前にしたのは、パチ屋のCMがおもろくて好きなことと、タイアップ物のパチンコ台でありえなさそうな組み合わせって何だろう、と考えて思い付いたものです。

ということはなんらかの興味があってその名前にしたというわけではなかったんですね・・・・
それは無理に観ても面白く無いでしょうしねー
エロビデオより百合アニメを借りる方が恥かしいという心理、とても良く解ります。

>ケイさんへ
『KURAU Phantom Memory』途中までしかありませんでした・・・・
全部観るまでにはまだしばらく掛かりそうです。

一体どこから観てるんでせう…(⌒‐⌒)

では、それまでの時間潰しに、アニメではありませんが…漫画です♪

『青い花』(1~2巻…以下続刊。3巻・2008年1月発売予定)
鎌倉。山の手のお嬢様学校と進学の女子高校…入学式の朝。
それぞれの高校に、晴れて新入生となった幼なじみの二人の少女~
ふみ(高身長・内気で押しに弱い)と、あ~ちゃん(低身長・明るい)は、
江ノ電の鎌倉駅で10年振りに再会して…。

お嬢様学校が出てくるあたり、えっ『マリア様がみてる』!?
…などと一瞬思ってしまいますが(^-^;
それよりもふわふわしてるけど、さりげなく苦味がちりばめられていて。
現実に近いような、ファンタジーのような…。
作者の志村貴子さんの作品って一言で説明しづらいんですけど…。
出てくる人物…ほぼヘタレのダメダメ人間です(^^;
それが何故か安心できて心地良いのです。
(え?私がヘタレさんだから?)
この作者さんは他にも百合…というよりあきらかにビアン、というお話を
書かれたり、(『どうにかなる日々』短篇集/太田出版/全2巻)
性同一障害(?)~たぶん。本編でははっきり言葉に出てこないので~の
多感な少年少女の心をユーモアをまじえて淡々と語るお話…
(『放浪息子』/エンターブレイン/1~6巻)
など、少し変わった作風で、やっぱり読む人を選びます(^_^;)


もう一冊は、
『ストロベリーシェイク Sweet』(1~2巻。以下続刊)
(林家志弦・著/一迅社/YURIHIME COMICS)
上海芸能事務所のアイドル系タレント・橘樹里亜(たちばな じゅりあ・154㎝)は、
新人タレント・浅川蘭(176㎝・モデル系)にうっかり一目惚れしてしまい、
樹里亜の大暴走・大妄想が炸裂する!!
けれど優しい事務所の先輩…と信頼しきっている、蘭の天然で温厚な性格の前に、
樹里亜の野望は、いつも肝心なトコロでヘタレてしまうのであった…。

YURIHIME COMICS…と銘打たれている様に、その筋では有名な雑誌『百合姫』のコミックスです。
作者の林家志弦~はやしやしづる~さん…落語家・林家一門とは何の関係もありません。
女性ですので、太郎さんご安心を~m(__)m
一言でゆって【天然おバカ百合コメディ】です。
女好きな女性しか出てきません(^-^;
(事務所のマネージャー以外は。この方は主にツッコミ担当です)
主人公・樹里亜さん…あらぬ妄想をしては自らが作った鼻血の海に卒倒してしまい、
凄惨な殺人現場と間違われたり、ソファ-で眠っている蘭ちゃんに何とかチューをしようと、
マトリックスのような態勢(?)になり、それを阻止しようとした女性マネージャーとうっかり
チューしてしまい、女性マネージャーと二人して虚しい気分になったり…etc.

あなたは私か~ッッ!?
~と思うくらいの樹里亜さんの大バカっぷり、大暴走っぷりに…
勝手に親近感を覚えている私です(^_^;)
(勿論、行動パターンの方です)(同じ作者さんの『はやて×ブレード』メディアワークス・刊/1~7巻/学園剣術少女活劇(?)の
暴走っぷりもスゴイです…)
こちらもやはり読む人を選びます…ヘンなのばかりでスミマセン~(^-^;ゞ

二冊に共通しているのは【ヘタレ】と【脱力感】でしょうか?
(それと少し大版の本ってトコロも…)
一応、良い意味って事でっっ(/--)/

まったりしたいティータイムのひとときなどに…
お気が向かれたらどうぞ~\(__)


追伸:ぱちんこマリア様がみてるさま…(はじめまして!こんにちは~♪)
私もハンドルネームの由来…めちゃ驚きでした~。
思わず、紅茶吹いてしまいました~(⌒o⌒;)ゞ

>ケイさんへ3
青い花とストロベリーシェイクですね。
インプットしました!私の近くの漫画喫茶(ネットカフェ)ってかなりデカくて少女漫画も結構揃ってるので多分見つかると思います。もちろん見つけ次第読んでみます

『KURAU Phantom Memory』ですがレンタル店で見つけて12話まで見ました。ただそれ以降は貸し出し中だったのでいつ見れるかは解りません。
全部見てませんしまだ感想は言えませんがただ1つ言えることはこの作品教えてくれてありがとうございました!

訂正です…

(1)『青い花』の作者さんと出版社を明記するのを忘れていました。
作者は志村貴子さんで、出版社は太田出版です。

(2)その志村貴子さんの作品『放浪息子』の説明の中で、【性同一性障害】の事を、
性同一障害…と間違えてしまいました。
お気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、本当にすみませんでした…m(__)m

以上です。失礼しました~\(__)

いえいえそんなに気にしなくても・・・

でも結構几帳面なんですね。
これはイケイケ青信号の由乃さんっぽくないですね
でも由乃さんも確かもらったチョコレートを名簿に付けるような几帳面な面も持ってたし

>太郎さんへ
いや、もしかしたら無意識の内に何か「マリみて」に引っかかる物を感じていたのかもしれません。最近忙しくてAVすらなかなか観れませんが・・。

>ケイさんへ
遅れ馳せながらこちらこそ初めまして。私にとってストシェの名台詞といえばスタイリストさんだったかの「いや、あたしは間違い無く女だから好きになったんだけどね。てゆうか女が好き!」です。最高に笑いました。

世代がばれる百合ネタ 魔女っ子チックルOP
http://www.youtube.com/watch?v=lyLQoY_08jw&feature=related
作詞は何と原作者の永井豪氏!

前振り
http://www.youtube.com/watch?v=Ror6oWJij0w&feature=related

私が始めて見た友情百合アニメの元祖です。家は姉や妹が居なかったのに何故か家族で観ていました(笑)。魔法で双子になる、と言う設定が萌えます。

>魔女っ子チックル

うわー間違い無く昭和のアニメですね。でも絵柄はともかく魔女が双子を作るという設定なんか面白そうなんですけど。今ほど百合が認定されてない時代ですから最近のアニメほど百合百合してないんでしょうね。でもなかなか面白いものを見せていただきました。さすがにこの作品を今全話観るのは難しいでしょうね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aaaabbb.blog89.fc2.com/tb.php/918-ecaca4c1

 | BLOG TOP | 


DMMアダルトビデオ販売、DVD通販 DMMアダルト オンラインDVDレンタル アダルトショッピング「ベストチョイス」